見出し画像

テクノロジーカンパニーのMoTで最もアナログ。「乗務員採用支援」事業で、タクシー業界に新風を吹き込む

Mobility Technologies(MoT)では、事業統合前の旧JapanTaxi・旧DeNAオートモーティブから継承した取り組みをもとに、様々な新規事業が芽吹こうとしています。

その一つが、タクシー乗務員の採用をサポートする「乗務員採用支援事業」。「移動」の未来を切り拓けるよう、またコロナ禍で大きな打撃を受けたタクシー業界の力になれるように、タクシー事業者とともに着々と準備を進めています。

事業の狙いや今後の展開について、「タクシー乗務員採用支援サービス」の事業化をリードする上野麻里子に聞きました。

画像1

MoTだからこそ担える、若年層・未経験者層への採用アプローチ

――「採用支援」が事業化に向けて動き出した経緯を教えてください。

採用支援事業は、乗務員支援サービス「お客様探索ナビ」の開発において、タクシー事業者の方々へのヒアリングの中で「採用にも活かせそう」というご期待の声を頂戴したことを受け、今まさに立ち上げている事業です。

「お客様探索ナビ」は、AIを活用してタクシーの需要供給予測を行い、カーナビゲーションのように乗務員をリアルタイムかつ個別にお客様が待つ通りまで誘導するサービスで、新人乗務員の方にも使いやすいシステムとなっています。

そのため、「お客様探索ナビ」を導入いただくことで、道に慣れない新人乗務員でもすぐに売上を伸ばすことが期待でき、歩合制でも収入が安定しやすいことから、タクシー乗務員の新規採用にも寄与できると考えています。

ただし、乗務員採用支援事業において「お客様探索ナビ」の活用は、タクシー事業者さまの採用活動を支援するための、あくまでも“一つの手段”です。MoTには「GO」や「JapanTaxi」アプリもあり、採用支援に繋がる様々な可能性が広がっています。例えば現在、これらのタクシーアプリによる注文が増えていることもあり、「道に詳しくないとタクシー乗務員はできない」といった、タクシー乗務員の働き方に対する従来イメージとその実態に、少しずつ違いが生まれてきています。実際に東京では新卒採用による乗務員が増えていて、東京のタクシー乗務員の平均年齢は若返っているのです。

タクシー事業者さまは、小規模な企業も多くあるなか、各社が個別に採用活動をしています。そこで各社が「タクシーアプリもあるし、『お客様探索ナビ』も活用すれば未経験の方でも安心して働ける」とメッセージを発信しても、採用市場へのインパクトは限定的です。

それならば、MoTが各タクシー事業者さまのパートナーとして前面に出て、「IT・テクノロジー」のイメージを押し出しつつメッセージを届けることで、従来のタクシー業界ではアプローチできなかった層に関心を持ってもらえるのではないかと考えました。

現在は「乗務員採用支援サービス」を事業化するために、「お客様探索ナビ」の活用にとどまらず、タクシー事業者さまの採用活動を幅広く支援する様々なサービスの展開を目指し、乗務員採用に特化した採用イベントなどのトライアルを積み重ねている段階です。

――トライアルではどのような成果が出ているのでしょうか。

「お客様探索ナビ」などテクノロジーの活用を念頭においた採用を考えると、求人媒体に情報を掲載するだけでは説明が足りません。新型コロナウイルスの影響が出始める前に、求職者と直接コミュニケーションができるリアルイベントを開催しました。

その結果、会場に足を運んでいただいた方々のうち、十分に手応えのある割合の方々が、実際にタクシー乗務員として、ご協力いただいたタクシー事業者さまに入社することになりました。

若年層が仕事に求める条件に「煩わしい人間関係がないこと」が挙げられるケースが多々あります。その点において、タクシー乗務員は「業務中に上司や同僚とあまり関わることがない」「指示を出されることが少なく、一人でマイペースに働ける」といった特徴があり、若年層の希望に応えられる仕事と言えるでしょう。

このようなタクシー乗務員の魅力を“ターゲットに合わせた適切な言葉”で発信するとともに、「お客様探索ナビ」があれば未経験者でも乗務員業務を担えることを伝えることで、より多くの方に興味を持っていただき、実際に入社いただくことに繋がると実感できました。

この結果を踏まえ、オンラインで求職者さんの相談を一人ずつ受ける企画にも取り組みました。小規模かつ限定的な施策でしたが、「タクシー乗務員」という仕事が選択肢に入っていない方に、どのようなアプローチでコミュニケーションを取れば関心を持っていただけるかを確かめることができました。

画像2

タクシー業界の「労働力不足」抜本的解決へ、本腰を入れて取り組んでいく

――まだ立ち上げフェーズではありますが、採用支援事業でどのような展開を考えていますか。

タクシー乗務員の平均年齢は約60歳と高く、また直近10年で乗務員人口は10万人ほど減少しています。そのため、タクシーを交通インフラとして維持し、オンデマンド交通などの利便性の高い仕組みを普及させていくためには、タクシー業界の労働力不足を抜本的に解決しなければなりません。

この課題の解決策の一つとして、新たにタクシー乗務員として働く方々に、様々な働き方の選択肢を提供していきたいと考えています。

例えば、タクシー乗務員は歩合制で働くケースが多いですが、副業やパートタイムで働ける固定給かつ短時間の勤務や、歩合が不安な方向けの固定給かつフルタイムでの勤務などです。

現状では難しい固定給を導入できる仕組みづくりや、従来とは異なる層の方々に関心を持っていただくための企画など、イベントのほかにも様々な施策を準備しています。

また、MoTがタクシー業界の採用をリードしていくために自社で職業紹介事業の許認可を得ることを検討中です。これまでのトライアルで実感したのですが、採用に役立つサービスを提供するには、もう一歩踏み込む必要があるためです。

ちなみに、MoTにおいて最もプロダクト開発との接点が薄い事業が、この乗務員採用支援事業です。もちろん、テクノロジーを活用した事業ではありますが、ソフトウェアからハードウェアまでの幅広いプロダクトを手掛けるMoTの中では、特異な事業と言えます。そして私自身、エンジニアなどテクノロジー寄りのキャリアを積んでいない状態で、この事業を任されています。そのため、MoTに新たな強みを持たせられるように、アナログな面からも課題の本質に目を向けて改善点を見つけ出し、事業を成長させていければと思っています。

画像3

激しい変化に柔軟に対応し、新規事業を育てていくのが使命

――上野さんがタクシー・モビリティ領域に携わるようになったきっかけを教えてください。

これまで、紙媒体の編集やWebサービスのプロデュース・ディレクションを経て、その後は新規事業開発を軸に、日系・外資系企業の双方で様々な業務を経験してきました。

転職を考えていた時に、業務成果がより広く社会の役に立つ仕事がしたいと思い、旧DeNAオートモーティブに参画しました。現在はタクシーにフォーカスして取り組んでいますが、その先に広がるモビリティ領域にも大きな関心を持っています。

――最後に、上野さんから見たMoTの魅力を教えてください。

新たなチャレンジができる機会の多さです。MoTには、採用支援事業のほかにも、“卵の段階”や“孵化はしたけれどまだヨチヨチ歩きの段階”の事業が複数あります。タクシー配車という一つの事業の上に様々なフェーズの事業を載せていこうとしている状態なのです。

どの事業にも共通して言えるのは成長段階であること。競争が激しい業界である分、方針やアクションの優先順位はどんどん変化していくため、予定通りに進まないことも多くあります。そのため、様々な情報を敏感にキャッチしながら、今どうすべきか、次にどうしていくべきかを自立的に提案できる人が求められていると感じます。

動きの激しい業界で様々な変化を経験しながら、事業も自分も成長していけることにやりがいを感じる方には、ぜひMoTの取り組みを知っていただきたいです。
                  ※掲載内容は2020年10月時点の情報です。

スキありがとうございます!
36
「移動で人を幸せに。」をミッションに掲げる会社Mobility Technologies(通称MoT:エムオーティー)の公式note。 MoTの人・組織・事業・日々の出来事などを発信します。https://mo-t.com/