MoTの事業紹介

10

タクシー広告の先駆者として、「モビリティ×マーケティング」の未来を拓く

Mobility Technologies(MoT)における広告事業を一手に担うのが、タクシーサイネージメディア「Tokyo Prime」を運営するグループ会社、IRISです。

タクシー広告市場は、2016年のIRIS誕生以後急激に成長を続けてきました。CCIが2019年11月に発表した「デジタルサイネージ広告市場調査」によれば、2019年の市場規模は推計24億円、2020年には48億円、202

もっとみる
うれしいです!
49

事業力&技術力の両輪で生み出す、“移動の未来”へつなげる「モビリティ×CV」テクノロジー

交通事故削減支援を行う次世代AIドラレコサービス「DRIVE CHART」を支える、コンピュータビジョン(CV)技術。

専用車載器から得られる車内外の映像を解析し、交通事故に繋がる可能性の高い危険シーンを自動検知しています。

これらの危険シーンを高精度に検出するためには高度な画像認識・解析技術が不可欠です。Mobility Technologies(MoT)におけるCV技術開発について、「DR

もっとみる
スキありがとうございます!
35

クルマ好きの理想郷? モビリティの未来を切り拓く、タクシーハードウェア開発最前線

Mobility Technologies(MoT)の強みの一つが、ソフトからハードまでを一気通貫で開発できること。そのハード面を一手に担うのがハードウェア開発部です。

ドライブレコーダーや後部座席サイネージ、配車端末、決済端末などの車載機器を次々と手掛けてきた彼らには、ものづくりに対する真摯な姿勢と、経験に裏打ちされた確かな技術力があります。

部署全体のマネジメントと、企画から新規開発、導入

もっとみる
スキありがとうございます!
36