MoTのひとたち

12

ユーザーサポートは、プロダクトの一部だと思うから。最高の顧客体験を生み出すための挑戦

タクシーアプリ『GO』や『JapanTaxi』アプリを利用されているお客様からのお問い合わせ。その対応を行なっているのが、カスタマーエクスペリエンス部(以下、CX部)です。顧客満足度の向上はもちろんのこと、さらなるアプリの成長を目指しCX部内ではさまざまな取り組みが行なわれています。

そこで今回は、CX部のメンバーに詳しく話を聞くことに。部長の嵯峨(右上)、グループリーダーの大竹(左下)、メンバ

もっとみる
うれしいです!

圧倒的なチーム感は、同じ未来を描くことから生まれる。『DRIVE CHART』で、交通事故のない世界へ

次世代AIドラレコサービス『DRIVE CHART』は、“交通事故削減”を支援するサービス。急加速、わき見、速度超過など、AIがさまざまな危険シーンを検知し、ドライバーの運転行動を分析。タクシーやトラック、商用車などにおける運転行動を可視化することで、交通事故を防ぎます。

現在、『DRIVE CHART』の開発から導入までを手がけているのが、スマートドライビング事業部。営業・マーケ担当の岡田(左

もっとみる
スキありがとうございます!

技術だけでなく、サービスそのものにコミットする。MoTが求めるバックエンドエンジニアとは

タクシー配車アプリ『GO』やタクシー乗務員向けのアプリなどの開発を行なう開発本部 ソフトウェア開発部 バックエンドグループ。現在、こちらのグループでは新たなエンジニアを募集しています。

そこで、今回はバックエンドグループの池田と柳沢に詳しく聞いてみることに。必須のスキルやマインド、求められる考え方などについて教えてもらいました。

総合的に幅広く。サーバサイド開発に携わる仕事。

▲ バックエン

もっとみる
スキありがとうございます!

事業統合でより強く!大阪オフィスの魅力は、圧倒的なチームワーク

2020年9月よりスタートしたタクシーアプリ『GO』は、現在、北海道から福岡まで全国17エリアに対応。札幌、名古屋、大阪、福岡にも拠点を設け、今後もさらなるエリア拡大を目指しているところです。

いくつかある拠点の中から今回は、大阪オフィスについてご紹介!オフィスの雰囲気について、どのような人が向いているのかなど、渉外統括部西日本部でグループリーダーを務める加藤、渉外メンバーの弓削、西日本企画グル

もっとみる
スキありがとうございます!

答えがないから面白い!新しい価値が生み出せる『GO』マーケティングの仕事

2020年9月にリリースしたタクシーアプリ『GO』では、タクシー車両とのリアルタイムな位置情報連携と高度な配車ロジックによって、“より早く乗れる体験”を実現しています。タクシーを探す時間の削減、車内でのキャッシュレス対応などアプリだからできるサービスが好評です。

今後より多くの人に『GO』の魅力を伝えていくために。日々奮闘しているのが、マーケティング部。どのような思いで仕事に向き合っているのか、

もっとみる
スキありがとうございます!

【後編】MoTのMVVができるまで 〜MoT4 WHEELSに込めた想い〜

競合関係だった旧JapanTaxiと旧DeNAオートモーティブが事業統合して誕生した「Mobility Technologies(MoT)」。2020年4月に統合してから半年ほどかけて作り上げたMission/Vision/Value(以降、MVV)について、どのように生まれて、どう活用されていくのか?
代表取締役社長の中島宏に、MVVに込めた想いを聞きました。今回は後編としてValueについて聞

もっとみる
うれしいです!

【前編】MoTのMVVができるまで 〜”One Team”になるための第一歩〜

競合関係だった旧JapanTaxiと旧DeNAオートモーティブが事業統合して誕生した「Mobility Technologies(MoT)」。2020年4月に統合してから半年ほどかけて作り上げたMission/Vision/Value(以降、MVV)について、どのように生まれて、どう活用されていくのか?
代表取締役社長の中島宏に、MVVに込めた想いを聞きました。

Missionは「One Tea

もっとみる
スキありがとうございます!

【後編】価値あるプロダクトを高品質かつスピーディに世の中に届け続けるために--MoTが「PdM / PjM」の分業を徹底する理由

プロダクトの企画・設計からリリースまでのマネジメントに関わるスペシャリストが揃う、Mobility Technologies(MoT)のプロダクトマネジメント部。この組織のユニークな点が、国内では珍しい「PdM / PjMの分業体制」です。

インタビュー前編に引き続き、この体制下における働き方や実感できるメリットについて、PdMであり、プロダクトマネジメント1グループのリーダーである脇水、メンバ

もっとみる
スキありがとうございます!

【前編】価値あるプロダクトを高品質かつスピーディに世の中に届け続けるために--MoTが「PdM / PjM」の分業を徹底する理由

プロダクトの企画・設計からリリースまでのマネジメントに関わるスペシャリストが揃う、Mobility Technologies(MoT)のプロダクトマネジメント部。プロダクトマネージャー(PdM)やプロジェクトマネージャー(PjM)に加え、プロダクトデザイナー、データサイエンティスト、QAエンジニアと、専門性の高いメンバーが所属しています。

メンバー構成からもわかる通り、この組織のユニークな点が、

もっとみる
スキありがとうございます!

究極的に「汎用性」が高いプロダクト共通基盤が、日本のモビリティの未来を最速でつくる――SREチームが担う、MoTのものづくりポリシー

「止まらないサービスを最速で作る仕組みづくり」をミッションとする、SREチーム。

インフラからサーバサイドアプリケーションの開発までを手掛け、Mobility Technologies(MoT)の各種プロダクトの安定化と品質改善に取り組んでいます。

目下の課題は、旧JapanTaxiと旧DeNAオートモーティブの事業統合により増した「複雑性」をいかにシンプルにしていくか?

SREチームのリー

もっとみる
うれしいです!